クレジットカードの審査の基本について

カードをを申し込んだ際の審査とその基礎知識。

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

クレジットカード審査の基礎知識

クレジットカードの審査は、クレジットカード会社が申込者に対し、信用してお金を貸すことができるかどうか、が基本的な審査の内容となります。

クレジットカードの審査の際、申込書に書かれている項目にそれぞれ点数がつけられます。これはコンピューターで自動的に行われます。いわゆる「スコアリング」といわれているものです。

スコアリングと同時に、カード会社は加盟している信用情報機関に個人情報の照会をします。ここで延滞などの金融事故があったりすると、基本的に審査は却下となります。

基本的な審査の流れ

スコアリングは自動的に行われますが、他人の情報を間違って照会していないかどうかなど、様々なチェックは審査担当者がおこないます。

ごくまれにですが、同姓同名の場合などで、基本情報を間違えてしまうこともあるので、そのようなことの内容、念入りに調査が行われます。

スコアリングの点数が審査通過ライン以上で、情報機関にも悪い情報が無い場合、個別の項目をチェックしながら、全体的に見て担当者がクレジットカードの発行ができるかどうかを判断することになります。

重視される項目

申込み書に記入する項目は、それぞれ重要な意味があります。しかし、カード会社に共通して一番重視するのはクレジットヒストリーといっていいでしょう。

今までのカードの利用状況のことで、このクレジットヒストリーで支払状況や延滞の有無などすべてわかります。クレジットカードの審査では、支払いが確実かどうかとが一番大切なのです。そのため、実際に今まで支払った実績は非常に重要視されます。

クレジットカード審査の基本は3C

クレジットカード審査では3Cと呼ばれる項目が重視されます。3Cというのは、Capacity(能力)、Character(性格) 、Capital(資産)のことです。

キャパシティーというのは支払能力のことで、年収や勤務先、クレジットヒストリーなどから判断されます。

キャラクターというのは、その人がどれだけお金に対してまじめか、ということです。お金があったとしても、性格的にだらしない人は、毎月の返済が滞ったりする場合があるためです。

キャピタルは資産のことです。実際には持ち家かどうかなどで判断します。