信用の判断する「3C」について

クレジットカードの審査に関する情報はこちらから。

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

クレジットカード審査の「3C」とは?

クレジットカードの審査で判断するものは、申し込んだ人が信用に足る人物なのかどうか、しっかりとお金を返してくれるのかどうか、という「信用」です。

そして、信用があるかどうかを判断する場合、「3C」項目を審査します。

では一体、カード審査での「3C」とは一体何でしょうか?

それは、「Capacity」「Character」「Capital」の3つ。日本語では資力、性格、資産ということになります。カード会社はこの3つがどれだけあるかと言うことを審査するわけです。

3つのCとは何か

それでは、3つのCそれぞれについて見ていきましょう。

Capacity(資力)・・・年収など、どれだけの収入が、どれだけ安定しているかです。どちらかと言えば収入が多いことよりも安定していることの方が評価が高くなります。

Character(性格) ・・・支払日に、しっかりとお金を支払う意志があるかどうか。いくら収入があっても支払いに関してルーズな人は評価が低くなります。

Capital(資産)・・・家や土地など、担保となり得る資産をどれだけ持っているかという点です。クレジットカードの審査ではそれほど重視されません。

上の3Cに関しての評価が高ければ、審査的には問題無いでしょう。例えば過去に延滞などの履歴があった場合、それは資力、または性格に問題あり、という判断をされるわけです。

最も重視されるのはCapacity

3つのCにおいて、カード会社が最も重視するのcapacity、資力です。

そして、資力というのは収入が多いことよりも、収入が安定していることの方が高い評価になります。そのため、自営業よりも会社員、会社員よりも公務員の方が審査には有利になります。

そして、安定度を測る上で大切なのが、勤続年数です。会社員であっても転職を繰り返すような人は、安定していないと評価されてしまうわけです。そのため、長く同じ会社に勤めている人の方が、カードの審査においては高評価です。

自営業は、どうしても会社員と比べて評価は低くなってしまうのですが、その場合でも長く経営を続けることで信用を積むことができます。

Caracterも大切

実は、capacityと同様、Characterもカードの審査では非常に重視されます。一般的には担保がどれだけあるかという、Capitalの方が重視されるように思うのですが、カードの審査ではCaracterの方が大事です。

というのも、カードというのは無担保融資なのです。そのため、クレジットカード会社は、返済がされないからといって土地や家を差し押さえることができないのです。

クレジットカードを利用すると、決められた支払日に利用した金額を支払わないといけません。たとえば引き落としの口座にお金をいれておかないとか、計画性もなしにカードを利用して支払日にお金が足りないとか、その様な性格の人にはクレジットカードは向きません。

そのため、カード会社は支払う意志があるか、計画的にカードを利用する性格か、というCharacterの部分を重視するわけです。

今までのカードの利用履歴などを調べ、遅滞なく支払っているかをチェックするわけです。