クレジットカードの審査に影響する属性について。

何が審査においては大事なのでしょうか?

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

具体的に審査に影響する属性

クレジットカードの審査では、資力、資産、性格という3Cがどれだけあるのかということがカード会社によって審査をされ、カードを発行するか否かという判断がなされます。

それでは具体的には、どのような属性が高く評価され、どの属性がそれほど審査に影響を与えないのか、見ていきましょう。

3Cのページでも述べましたが、3Cの中で最も重要視されるのは資力です。そして、資力というのは決して年収が高いわけではなく、安定した収入が継続してあることが大切なのです。

カードの審査では、プロ野球選手よりも芸能人よりも、公務員の方が高く評価をされるのです。もちろん、公務員や正社員ではないと審査にとおらないと言うことはなく、パートやフリーターでも1〜2年しっかりと継続して仕事をしていれば問題無いでしょう。

申込み書に記入する内容は

クレジットカードの入会申込書には、氏名やフリガナ、勤務先など様々な項目を記入しなければいけません。

これらの項目の中で、いわゆる「ウラがとれない」属性というものは、正直それほど重要視はされません。ウラがとれない属性というのは、年収です。

年収というものは、もちろん申込み書に記入する欄があるのですが、あくまで自己申告のためにカード会社はその数字をそのまま信じたりはしません。

カード会社が審査の際に信用するのは、あくまでウラがとれる情報で、それは勤務先や勤務年数、居住形態だったりするのです。そして、年収は、勤務先と勤務年数から、おおよその額を導き出すのです。

もう一つ、「性格」も非常に重要視されます。正確を判断するのは利用履歴です。過去のクレジットカードやローンなどの利用実績のことです。延滞が多かったり、一部入金などがあった場合、それは返済する能力か返済する「意志」に問題ありとされてしまうのです。

そのため、カード会社は必ず個人信用情報機関に照会をかけ、過去の利用実績を調べます。これはどのカード会社でもそうで、基本に1つのカードで延滞などの事故があった場合は他のカードの審査にも通らないと思って間違いないでしょう。

資産もあればより有利

これらに加えて、資産があれば、より有利になります。基本的に預貯金額よりは、居住形態をみられます。持ち家で、自分名義、そして住宅ローンがない、となると点数的には最高です。

反対に、賃貸アパートや賃貸マンションなど、自己名義や家族名義の住居がない場合、評価は低くなってしまいます。