多重申込が審査に良くないそのワケ

短期間に多くのカードに申し込むと、カード会社によっては審査が厳しくなります。

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

多重申込みって何?

多重申込みというのは、短期間の間にクレジットカードに何度も申し込みをすることを指します。

もちろん、多重申し込みをする方はその理由があります。多くの方は、カードに申し込んだけれども落ちてしまい、仕方無く他のカードを申し込む、という形で、審査に通るまで申し込むわけです。

申し込んだ履歴というのは個人信用情報機関に6ヶ月間残ります。(あくまで申し込みをしたという履歴であって、合否の結果は残りません)。

そして、問題なのは、カード会社によっては、短期間に多くのカードを申し込んだ人を嫌う傾向にあることです。つまり、会社によっては、多重申込み者への審査が厳しいのです。

なぜ審査を厳しくするカード会社があるのか

多くのクレジットカードに短期間に申し込みをすると、「お金に困っているのではないか」「多くのカードを使うだけ使って、債務整理や自己破産をするのではないか」と、場合によっては思われる可能性があります。

そのため、カード会社によっては、多重申込み者に対して審査を厳しくするところが出てきてしまうのです。もちろん、カード会社としては、貸し倒れなどを防がないといけませんので、リスクを避けようとするのは当然です。

しかし一方で、最近では多くのカード会社では、多重申し込みに対してそれほど気にしなくなっています。特にキャッシング枠を0にして申し込んだ場合は、1ヶ月間に5件申し込んでも10件申し込んでも、ほとんど審査に影響はなくなってきています。

多重申し込みの対策は?

多重申し込みをしすぎて審査に通らなくなってしまった場合、その対策は基本的に「待つ」ことしかありません。

申し込みの履歴が情報機関に残るのは6ヶ月間です。そのため、6ヶ月を経過すれば、申し込みをしたという記録はなくなります。

多重申し込みは10件程度が限界といわれます。属性の高低などの様々要因が絡み合うため、確実なことはいえませんが、半年に10件以上申し込むと、審査にはかなり通りづらくなります。

そのため、10件申し込んだら、半年ほど間を開けましょう。半年間はおとなしくして、その後また欲しいカードがあったら申し込むようにしてください。

なお、以前は1ヶ月に2枚くらいにしておいた方がいい、といった情報があふれていましたが、最近では2〜3枚のカードに申し込んだからといって、審査に影響を与えることはまずありません。