クレジットカードの与信について。与信枠や初期与信、途上与信など。

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

クレジットカードの与信とは?

クレジットカードの与信というのは、そのクレジットカードホルダーが与えられた信用度のようなものです。

いわゆるクレジットカードの利用限度額のことを「与信枠」といい、与信枠が大きいということは、それだけ信用度が高い、ということになります。

クレジットカードの与信枠は、職業や年収、過去の利用歴など、様々な項目を基に算出されています。

与信枠はカード利用限度額の合算

与信枠というものは、一人一人に1つの与信枠があります。その与信枠の中で、クレジットカードの利用限度額がきまり、クレジットカードを持つことができることになります。

与信枠が200万円の人の場合、利用限度額100万円のクレジットカードを持っていた場合、残りの与信枠は100万円です。そのため、新規にクレジットカードを申し込んだ場合、残りの与信枠100万円の中でクレジットカードの利用額が設定されます。

さらにクレジットカードを申し込もうとした場合、当然ですが与信枠が小さいため、利用限度額が小さいクレジットカードが発行されたり、または与信枠がいっぱいのためカードの発行がされなかったりします。

クレジットカードの初期与信

クレジットカードの初期与信というのは、クレジットカードを申し込む際に、与えられる与信のことを言います。

初めてクレジットカードを申し込む場合、なかなか大きな与信枠は与えられません。医者などの非常に地位が高い場合、または公務員などの安定度の高い地位の場合であっても、最初はそれほど大きな与信枠は与えられません。クレジットカードの利用限度額も30万円程度でしょう。

大切なのは、小さな与信を育てていくことなのです。限度額の小さなクレジットカードを延滞なく正しく利用し、綺麗なクレジットヒストリーを作ることが大切です。そうすることで、限度額の大きなクレジットカードを持つことができたり、カードの枚数を増やしたりできるのです

クレジットカードの途上与信

クレジットカードの途上与信というのは、カードやキャッシングの利用歴や返済履歴など、カード会員がどのようにクレジットカードを利用しているかを見て、それに対し与信を行うことを言います。

限度額を再設定したりし、途上審査と呼ばれたりもします。カード会員の情報は常に同じではなく、例えば途中で転職したり、あるいは失職したりということもあるわけで、カード会員はそれに対応するために定期的に与信を行っているのです。

もちろん、カード会社は貸倒を防ぐため、この途上与信は必要不可欠です。定期的に信用情報機関に照会したり、カードの利用履歴をチェックすることで、定期的に途上与信、途上審査をしているのです。