クレジットカードの審査の際の在籍確認ついて

在籍確認はなぜするのでしょうか

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

在籍確認(在確)とは?

クレジットカードの申込の際の在籍確認は、申込者が、申込み書に記入した会社に本当に勤務しているかどうかを確認する電話のことです。

実際に会社に電話がかかってきます。基本的にはクレジットカード会社名を名乗ることなく、個人名などで「○○さんはいらっしゃいますか」といった電話になります。

また、あくまで在籍を確認をするための電話のため、本人が席を外している場合などは、電話口に出ることなく完了という場合も多くあります。また、属性が高い場合などは、在籍確認自体が無い場合も多くあります。

在籍確認はなぜ行うのか?

在籍確認はもちろん、申込み書に記入された企業に本当に勤務しているかどうかを確認するために行われます。

クレジットカードを取得したいがために、嘘の勤務先を記入したり、無職なのに会社に勤めているように見せかけたりといった人がいるため、そのような不正を防ぐために在籍確認が行われるのです。

また、本当にクレジットカードを持つ意志があるかどうか、という意思確認を兼ねています。本人は申し込んでいないのに、他人がいたずらや嫌がらせのために申込みをする場合もあるため、そのような不正を防ぐためでもあります。

在籍確認と審査の合否

在籍確認というのは、基本的にカード審査の最終段階で行われます。そのため、クレジットカード会社から在籍確認の電話があれば、審査にはほとんど通ったといえるでしょう。

もちろん、在籍確認ができなかった場合などはその限りではありません。また、勤務先電話が転送電話の場合なども、在籍確認で結果NGというカード会社もありますので注意が必要です。

さらに注意が必要なのが、事業所の規模などが大きく、電話に出る従業員が申込者の名前を把握しておらず、「うちにはその者はいません」という対応をしてしまう場合ケースです。この場合はもちろん、在籍確認ができなくてNGということになってしまいます。

上記のようなケース当てはまる人は、電話に出る人に事情を説明して対応してもらうよう、お願いをしておいてください。在籍確認が終われば、あとはカードが届くのを待つだけです。