年齢はクレジットカードの審査に影響がどれくらいあるのでしょうか?

年齢により持つことのできるクレジットカードが違ったり、審査の厳しさが違ったりします。

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

クレジットカードに申し込める年齢

多くのクレジットカード会社では、18歳以上になると申し込みができます。(高校生を除く)。しかし、未成年の場合は親権者の同意が必要になります。

あくまで同意であって、特別意味があるわけではありません。例え支払いが滞ったりした場合でも親権者に支払いの義務はありません。「息子さんにクレジットカードに発行してもいいですか?」というだけものです。

なお、日本では民法第4条で「成年」が定められていて、成年=20歳になると制限なしに自由に法律行為をおこなうことができるとされています。一人で契約を結ぶことができるわけです。

日本では、未成年者の契約は取り消しが可能です。そのため、カード会社はリスクを抑えるため、ショッピング枠やキャッシング枠は非常に小さく設定されることがほとんどです。とくにキャッシング枠は小さく設定されます。なお、キャッシング専門の会社(消費者金融)では、一般的に20歳以上でないと契約できません。

年齢とクレジットカードの審査の関係

クレジットカード会社は中心的な利用者を「20歳〜30歳代」としています。というのは、このあたりの年齢が「可処分所得が大きい」からです。つまり、自由に使うことができるお金が大きいということです。ですので、クレジットカードの審査で最も有利な年齢は20代です。

一方、35歳〜40歳を過ぎた場合、良好なクレジットヒストリーがあれば別ですが、そうでない場合どうしても審査は厳しくなります。とくに40歳を過ぎてクレジットヒストリーが無い場合、これは結構なマイナスになります。

もちろん今までただの現金主義だったという場合もあるでしょう。しかし、カード会社からみると「今で何かしら問題があったのではないか?」「金融事故があって喪に服していたのではないか?」という考えになるわけです。情報機関に登録された金融事故などの情報は5年ほどで消えますから。

若い内にカードは作っておこう

クレジットカードは20代、遅くとも30代前半のうちにつくっておくことをおすすめします。35を過ぎて初めてクレジットカードを作る場合、他の属性にもよりますが審査的には結構厳しい面があります。

審査の甘いカードから始めて、だんだんとステータスのあるカードを持つことができるわけで、それを35歳過ぎてから始めるのも大変です。本人が気にしないのなら構いませんが、40歳になってリボ専用カードや消費者金融系カードしか持っていないというのもどうかと思います。

クレジットカードは一度発行されれば、適切に利用していれば自動的に更新されます。また、正しく利用していれば他のクレジットカードの発行も容易です。つまり、最初の一枚さえ何とかなれば、その後の審査は気にするほどでもないのです。

最初の一枚は、一番審査に有利な20代のうちにつくっておきましょう。