職業や職種、会社の規模によるクレジットカードの審査について

職業、職種、勤務先の会社の規模などは、カードの審査に大きな影響を与えます

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

クレジットカードの審査と職業・職種の関係

職業に貴賎なしといわれます。しかし、クレジットカードの審査では、職業や職種というものは返済ができるかできないかということに直結することなので、職業によってどうしても通りやすい職業、通りにくい職業というものがあります。

基本的には「安定している」職業は有利です。安定している職業というのは、離職率の低い、そして会社がつぶれにくい職業ということになります。

とにかく、カード審査においては信用が全てです。高給取りよりも、堅実な職業・職種に就いていることが重要視されるのです。

クレジットカードの審査と職業

職業では、離職率が低く、堅実で安定している職業が評価が高くなります。資格が必要で独占的な仕事である医師や弁護士、公認会計士、そして倒産の心配がない公務員などがコレに当たります。

一方、評価が低くなるのはその反対、安定していない職業です。例えば芸能人などで収入が高くても、カードの審査においては安定している公務員の方が評価が高くなるわけです。



    

医師・弁護士・公認会計士など
公務員
会社員
自営業
自由業
派遣社員
パート・アルバイト
日雇い派遣
無職

なお、専業主婦、学生の場合は収入がありませんので、審査は配偶者や親の職業で判断されます。

クレジットカードの審査と会社規模

レジットカードの審査では、会社員ならみな同じ評価ということはありません。会社の規模によって評価が変わってきてしまいます。当然ですが、規模の大きい、安定していると思われる会社に勤めている方が、評価は高くなります。

もちろん、上場企業の方が非上場企業よりも審査においては有利なのですが、リクルートやサントリー、YKKなどの大企業であれば、非上場企業であっても十分に評価は高くなります。その一方、上場企業であっても離職率が高い会社などでは、審査が厳しくなることもあります。

会社の資本金をベースにし、従業員の数、平均勤務年数などのデータを元に、企業の評点付けをおこなっています。