勤続年数によるクレジットカードの審査について

職業、職種、勤続年数などは、カードの審査に大きな影響を与えます

クレジットカード審査 タイトル

クレジットカード審査の基本

クレジットカードを申し込んだ際の審査とその基礎知識について。

クレジットカードの審査と勤続年数の関係

クレジットカードの審査に通るために、どれくらいの勤続年数が必要なのでしょうか?

当然ですが、勤続年数は長ければ長いほど有利です。一つの会社に長く勤めるということは、それだけで安定した生活を送っているという、「信用」につながるためです。カード会社が求めるのは何よりも「安定」ですので、給与が高いことよりも、長く勤めることを重視するわけです。

審査を通過するためには、最低ラインとしてどれくらいの長さの勤続年数が必要なのでしょうか?

審査通過に必要な勤続年数

クレジットカードの審査では、年齢との組み合わせで判断されることが多いです。年齢が若い場合、勤続年数が短くてもそれほどマイナスにはなりませんが、高齢なのに勤続年数が短い場合はマイナスな影響があります。

しかし、以前と比べて最近では転職すること自体が珍しいことではなくなっているため、以前ほどには一つの会社に長く勤めることが重視されることはなくなりました。

それでもほとんどのカード会社は最低ラインとして、勤続年数1年以上という規定を設定しています。そのため、勤続年数が1年未満の場合、審査はかなり厳しくなります。転職したばかりの方は、かなり厳しくなるということです。

新卒の方の場合はこの限りではなく、若者向けのクレジットカードや新社会人向けのクレジットカードなどであれば持つことができます。しかしその場合でも、学生時代に持っておいた方が審査は緩いので、できれば学生の内にカードを作っておくことをおすすめします。

カード会社による勤続年数の確認

カード会社は、勤務先を在籍確認の電話をして確認します。以前申し込んだクレジットカードや住宅ローンなどがある場合は、申し込みした時点での勤務先が信用情報として残っているため、その情報を元に勤続年数を確認しています。

もちろん、勤務先が変わった場合などはカード会社にその旨届けないといけません。その届けが信用情報機関にとうろくされ、新たにカードを申し込んだ場合はその情報を元に勤続年数を確認するわけです。

情報機関に登録されている勤務先と、申し込み書に記入した勤務先が異なる場合は、勤続年数が短いと判断されてしまいます。そのため、転職をした場合などは速やかにカード会社にその旨を届けましょう。

なお、ほとんどありませんが、ゴールドカードやプラチナカードといった、いわゆるステータスカードの場合は、人事部などに直接勤続年数を確認することもあるようです。